本草家カルペパー: ハーブを広めた先駆者の闘い

Front Cover
白水社, 2006 - 372 pages
0 Reviews
ペストが流行し、内乱が勃発した十七世紀英国、ウィリアム・ハーヴィーら医学界の権威に立ち向かい、ハーブの効能を庶民に伝えた在野の学者、その波瀾の生涯を描く。薬草療法を万人のものにした「ハーバリスト」の評伝。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information